学費について

校納金

■入学金

30万円(全学科共通)

■授業料等(年間)

学科 授業料 施設維持費 授業充実費 合計
理学療法科 1,060,000円 20,000円 20,000円 1,100,000円
介護福祉科 590,000円 630,000円
スポーツ柔整科 1,060,000円 1,100,000円
スポーツ鍼灸科 1,060,000円 1,100,000円

すでに納入した校納金は原則返還いたしません。ただし、2023年3月31日までに入学辞退の申し出があった場合、校納金のうち授業料、施設維持費、授業充実費、預り金を全額返還いたします。なお、出願時の選考料及び入学手続き時の入学金は返還いたしませんので、ご了承ください。

■預り金

学科 1年次 2年次 3年次
理学療法科 200,000円 150,000円 150,000円
介護福祉科 150,000円 120,000円
スポーツ柔整科 150,000円 100,000円 50,000円
スポーツ鍼灸科 150,000円 100,000円 50,000円

(1)預り金は、実習着・実習費・上履き・教材費・検定費・国家試験受験料等の代金として、毎年度必要となります。
(2)預り金は、卒業時に残金があれば清算し、返金いたします。基本的には予定した預り金の範囲内で収めますが、万が一不足金があった場合は、不足分を納入していただきますのでご了承ください。預り金の個人別明細票は、毎年度末本人宛に通知します。
(3)入学時のみ学友会費15,000円を預り金からお支払いいただきます。
(4)毎年度「専修学校各種学校学生・生徒災害傷害保険」「医療分野学生生徒賠償責任保険等の合計費用(2020年度実績1,000円)及び健康診断の費用(2020年度実績5,336円)を預り金よりお支払いとなります。

学費分割納入制度

入学手続き後に申請が必要となります。下記金額はあくまでも目安です。若干異なる場合がありますのでご了承ください。【例:月々分割で納入】

※1・・・授業料、施設維持費、授業充実費、2・3年次の預り金が対象になります。
※2・・・月々の納入額の目安は、「分割納入可能な費用」の合計を1年次は11回、2、3年次は12回で分割し、端数を0.5万円単位で繰り上げて計算したものです。各年次の最終納入回に端数を調整した金額を納入していただきます。
※3・・・返還月額は人的保証で利率1%の場合です。(利率は社会情勢により変動します)

その他分割例

● ボーナス等を利用して、夏と冬に2分割で納入
● 国からの給付金を利用して、4分割で納入

各種減免制度について

対象 制度名 概要
高校生 ①推薦入学制度 対象者:高校生
減免額:
●指定校推薦による者…入学金より10万円減免する。
●学校推薦による者…入学金より5万円減免する。
②部活動評価制度 対象者:部活動またはクラブチームに高校3年間所属していた者
減免額:1年次授業料より10万円減免する。
社会人 ③社会人早期受験支援制度 対象者:第4期までに出願する社会人受験者
減免額:入学金より10万円減免する。
※クラブチームに所属する者、校外活動を行う者も該当
④有資格者リカレント支援制度 対象者:社会人有資格者等 資格の種類については(※1)
減免額:1年次授業料より10万円減免する。
共通 ⑤特別修学サポート制度(AO入試) 対象者:AO入試に出願する者
減免額:入学金より10万円減免する。
※社会人早期受験支援制度との併用はできません。
⑥一人暮らし支援制度 対象者:進学を機に一人暮らしを始める者
対象地域:長崎校(県外、離島、松浦、平戸)佐世保校(県外、離島)
減免額:授業料より最大36万円減免する。(毎月1万円減免)
⑦特待生制度 対象者:学業・人物共に優秀な者(対象者を学内基準により決定)
減免額:次年度授業料を半額減免する。
⑧ダブルスクール制度 対象者:異なる学科を履修する者
減免額:入学金免除・授業料を年30万円減免する。
その他:重複する科目の履修を免除する。

●年次割引上限額は授業料の半額までとなります。
●併用は2つまでとなります。
(※1)対象となる資格 ※資格者証の写しの提出が必要となります。
柔道整復師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・薬剤師・歯科衛生士・あん摩マッサージ指圧師・介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士・学校教員免

本校は就学支援制度「授業料等減免(入学金を含む)」「給付型奨学金」の対象校に認定されています。
経済的理由で進学をあきらめてしまうことがないように、国が支援する制度です。詳細はこちら。

■その他の学費サポート

奨学金・教育ローン
就学支援制度
専門実践教育訓練制度
ダブルスクール制度