ブログ

就職?進学?メリットとデメリット

こんにちは、進学のアドバスをしています石橋です。
新型コロナウィルスによって経済が混乱してきています。この影響がどこまで出るかはまだ不明ですが、過去を振り返ると不景気では、就職採用人数が減少し就職難となった時期があります。そんな中、医療系国家資格は、景気に左右されにくいとも言われています。
今日は、就職する場合のメリットとデメリットについて、皆さんの進路選択の参考になればと思います。

 

メリット①
社会人としての経験値や初任給(人生最初の給料)が早期に得ることが可能となる。
若いうちに経験を積むことで、方向転換が年齢的にしやすくなる。
親からのお小遣い制から解放され、自由に自分のお金を使うことができる。

メリット②
進学した人は学費支払いに追われますが、就職者はこの悩みはない。

デメリット①
不景気でリストラなどにあった場合、再就職しにくい。特に年齢が高くなればなるほど難しくなります。
他にも、女性は産休のため仕事を辞めるケースもありますが、進学し資格を取得している人は再就職しやすいと言われています。

デメリット②
高卒からの就職の場合、大卒や資格保有者に比べ、給料が安くなるケースもあります。

 

デメリット①②を強く感じる人は、就職より進学を考えてみてはいかがでしょうか?
進学に決めた後は、目的(将来やりたい事)をさらに探求してください。

2020.06.14