ダブルライセンス

ダブルライセンス
dl_main@2x-min

国家資格「柔道整復師」「鍼灸師」の資格を取得するダブルライセンス

W資格を目指せるのは「スポーツ柔整科」と「スポーツ鍼灸科」を有するこころ医療福祉専門学校の強み。
より活躍の幅が広く、多くの患者様の治療にあたることができるプロフェッショナルな治療家を目指します。


ダブルライセンスのメリット

幅広い技術が身についた治療家へ

外傷へのアプローチ(柔道整復師)と内臓とメンタルへのアプローチ(鍼灸師)ができる幅広い施術を可能とした治療家を目指せます。

将来働く選択肢が増える!

接骨院や鍼灸院だけでなく、鍼灸整骨院や整形外科、高齢者施設、スポーツトレーナーなど単一の資格よりも将来の選択肢が増えます。

独立開業を目指すなら!

将来、独立開業を目指すなら、WライセンスをとっておくとBEST!病気や怪我に対してより適切できめ細かいケアを可能とする治療院に。

こころ医療福祉専門学校にはダブルスクール制度があります。

「スポーツ柔整科」と「スポーツ鍼灸科」の2学科を履修することで柔道整復師&鍼灸師のダブルライセンス取得を目指せます。当校では入学金免除や授業料減免、重複する科目の履修免除など、併修しやすいダブルスクール制度(学費優遇制度)を設けております。
※佐世保スポーツ柔整科↔長崎校スポーツ鍼灸科に進学の場合も同様です。

特典

1.1学科の入学金を免除
2.1学科の授業料30万円を減免
3.重複する科目の履修を免除

※始業時間が遅い方の学科が減免対象となります。
■対象者:異なる学科を履修する者 
■減免額:入学金免除・授業料を年30万円減免 
■その他:重複する科目の履修を免除する

最短3年から最長6年まで自分の生活スタイルに合わせた通い方ができます。

3年コース

「スポーツ柔整科」「スポーツ鍼灸科」同時入学。最短でW資格を目指す方へ。

4,5年コース

勉強や生活スタイルの負担を考慮しつつ、効率よくW資格を目指す方へ。

6年コース

自分の生活リズムを変えずに、1学科ずつじっくり学びW資格を目指す方へ。

なぜダブルライセンスを目指しているのか。実際の在校生にきいてみました。

1年Sさん
東洋医学と西洋医学に精通したスポーツトレーナーを目指したいと思いました。

1年Iさん
柔整科に通う中で、美容系に進みたいと思い鍼灸科に再進学。ダブルライセンスはどこに行っても強みになると思いました。

3年Yさん
現場で仕事をしていく中で、深い部位までアプローチできる鍼灸の必要性を感じていました。患者様に幅広い施術を可能としたい。

1年Wさん
柔整の資格を取りましたが、ある程度年齢を重ねても施術できる鍼灸師を取得とすることで医療従事者としてさらに上を目指せると思いました。

それぞれの進路を決める際に、ダブルで
資格取得していることはその後の治療家として大きなメリットになります。

柔道整復・鍼灸科ダブルスクール2021年卒業 船津さん

高校生の時に膝の靱帯を切り、整骨院でお世話になったことがきっかけで、はじめは柔道整復師を希望していました。進路を親と相談する中で今後、鍼灸師を持っていた方が強いという話を聞きました。オープンキャンパスに行った際に、こころ医療では柔道整復師と鍼灸師を同時に取れることを知り、両方の資格を持つことで、治療の幅が広がり、自分の強みになると思いました。先生方と話していく中で先生方に共感し、こころ医療福祉専門学校に決めました。
僕は将来地元で整骨院を開業するという目標があります。自分の整骨院にきてよかった、またお願いしたいと笑顔で言ってもらえるような整骨院を開業できるよう努力しています。