外国人介護人材を対象とする「介護実務日本語力」学び直し講座の実施モデル構築事業 成果報告会が開催されました。

平成29年度 文部科学省 専修学校による地域産業中核的人材養成事業

外国人介護人材を対象とする「介護実務日本語力」学び直し 講座の実施モデル構築事業 

成果報告会が開催されました。

 

養成校を卒業し、介護現場で勤務している外国人介護人材の方にとって、

働きながら勉強を進めていくことは大変です。

 

この事業では、e-ラーニング(web)を使用し、

本校卒業生へトライアルの実施し、コンテンツ開発するなど、

介護現場での日本語力を高めるべく学び直しができるプログラムを、

3ケ年度をかけて構築してきました。

 

現場で頑張っている外国人介護職員の方々に、

更に日本を理解していただき、

施設にとって、

より貴重な人材に育ってほしいです。

 

本日、ご参加いただきました養成校、介護施設関係者の方々ありがとうございました。

実施委員会の先生方、大変お世話になりました。

2020.02.07