医療系国家資格×スポーツトレーナー

 

本校は医療・福祉系の国家資格を取得する学校ですが、在校生の中にはスポーツトレーナーを目指し入学してきた方も多く在籍しています。

 

 

「スポーツトレーナー」という職業は聞いたことがあると思いますが、実は「スポーツトレーナー」は特別な資格がなくてもできる業種なんです!

 

 

それでは、なぜスポーツトレーナーを目指す方が、医療系国家資格を取得しにくるのでしょうか

 

 

 

 

それは、「⼈の体に触れて医療類似⾏為を⾏うには、医療系の国家資格を保有する者に限る」と⽇本の法律で決められているためです。

 

つまりケガをした時に、競技復帰ができるような処置ができるのは医療系国家資格を持った人だけということですね。

 

 

 

そのため、本校に入学しスポーツトレーナーを目指している学生は、自身がケガした経験があり、プレーができない期間があった方が多いように思えます。

 

「ケガを治してあげたい」「ケガをしにくい身体作りをしてあげたい」「ケガの治りを早くしたい」「パフォーマンス力を向上させたい」など理由は様々ですが、そのようなスポーツトレーナーに興味がある方は、一度医療系国家資格取得を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.02.03