世界理学療法士連盟学術大会珍道中②

世界理学療法士連盟学術大会珍道中②

~WCPTってなに?~

 

 

今回私が参加したWCPT congressは世界中の理学療法士の学会で,理学療法士の学会としては最も大きなものの1つになります。

前回大会から2年に1回に開催されるようになり,私は4年前のシンガポール大会に続いて2回目の参加となりました。

今回はスイスのジュネーブで開催されました。

 

WCPTとはWorld Confederation for Physical Therapyの頭文字をとったもので,日本語では世界理学療法連盟といいます。

1951年に設立され,2018年現在109の組織があり,450,000人以上の理学療法士が参加しています1

理学療法と一言で言っても,対象疾患は骨折や関節の障害,心臓や肺の病気,脳卒中,がん,小児疾患,スポーツによるけがなど多岐にわたります。

 さらに,WCPTでは教育や国際交流,紛争地での活動などさらにテーマが広がります。WCPT congressはこのような多くの分野,テーマの一端を垣間見ることができる学会となります。

 

 

    

1)日本理学療法士協会ホームページ.http://www.japanpt.or.jp/about/enterprise/international/wcpt_other/

2019.06.21